過去のNews一覧

> 2018.09.18

ダンス

ダンス部 アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ2018で「特別賞」を受賞

 9月16日、武庫川女子大学ダンス部の渡部桃子さん(健康・スポーツ科学科3年)のダンス作品「ちとにく」が、アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤマ2018で「特別賞」を受賞しました。
 大会は「少人数による創作ダンスコンクール」として毎年9月に高岡市ふくおか総合文化センターで開催され、大学生が1~5名で創造性あふれる華麗な舞台表現を発表し合う場として定着しています。今年は21回目で、全国の大学・短大・高等専門学校から57組が出場しました。
 受賞作品「ちとにく」は、身体内部の温度や液体をイメージしたもので、5人のダンサーによって抽象的な表現で構成されており、その造形美が評価されました。今回の衣装をデザイン・製作したのは生活環境学科4年の鹿島明香里さん(森田雅子ゼミ)で、創作開始時点から作舞者や出演ダンサーたちとイメージを何度も話し合い、コラボレーションされたということです。


左から 入沢由芽(新健2年)、荒木千尋(新健4年)、力身茉利子(新健4年)、渡部桃子(新健3年)、前田瑞穂(新健2年)


左から 前田瑞穂(新健2年)、荒木千尋(新健4年)、渡部桃子(新健3年)、力身茉利子(新健4年)、入沢由芽(新健2年)


左から 前田瑞穂(新健2年)、荒木千尋(新健4年)、渡部桃子(新健3年)、力身茉利子(新健4年)、入沢由芽(新健2年)


武庫川女子大学ダンス部出演者たち


鹿島明香里(大環4年)、前田、力身、渡部、荒木、入沢