武庫川女子大学
健康・スポーツ科学部健康・スポーツ科学科教授。
同大学院健康・スポーツ科学研究科教授。2015年度よりハンドボール部部長に就任。
選手達には、①文武両道に妥協せず、賢い女性に育って欲しい。②周りから信頼される大人の女性として成長し、立派な社会人として巣立って欲しいと願っています。

武庫川女子大学健康・スポーツ科学部講師。日本体育協会公認上級ハンドボールコーチ。関西学生ハンドボール連盟常任理事、強化部長。2013年度よりハンドボール部コーチに、2014年度より監督に就任し、現在に至る。2007年度筑波大学を卒業後、指導者を志し、2008年度より大学院に進学し、コーチング学を学びながら筑波大学男子チームのコーチとして指導者をスタート。2009年度には同部のヘッドコーチに就任し、大学院生ながら学生と協力しながらチームを作り上げ、全日本インカレ準優勝を達成した。大学院生時代は筑波学園ハンドボールクラブ(小学生)のコーチとしても活動。同年、日本体育協会公認ハンドボールコーチ資格を取得。 大学院修了後、2010年度より福岡大学スポーツ科学部助教に着任。男子部と女子部のアシスタントコーチとして3年間指導を行い、2013年度より、武庫川女子大学へ赴任した。2013年度には日本ハンドボール協会ジュニアアカデミーにサポートスタッフとして参加し、国内の若手有望選手の育成に尽力。2014年度にはU22日本代表女子チームのコーチに就任。第1回東アジアU22選手権大会に参加し準優勝に貢献した。2015年度には日本協会の推薦を受け、日本体育協会公認上級ハンドボールコーチ資格を取得。2016年2月にはJSC(日本スポーツ振興センター)の強化プログラム「女性アスリート支援事業」の若手強化スタッフの一員として、U24代表チームとともにデンマーク遠征に参加した(テロにより中止)。現在は、武庫川女子大学にて球技の指導法を中心に教育活動及び研究活動を行い、ハンドボール部の指導にあたる。また、西宮市の小学生を対象に、ミニハンドボール教室を定期的に開催するなど地域貢献活動にも尽力。

山中 みなみ

橋本 南

谷渕 美紀

川田代 佳子

洲脇 美礼

入迫 侑衣子

川上 ちなみ

岡本 安季恵

幸賀 彩奈

木下 真歩

山本 美羅

酒本 えりか

栗本 結佳

正司 菜奈美

土居 佳加

月原 佑季子

山下 綾香

大塚 麻由

岩山 葵

塩田 奈々

藤田 芹香

松田 沙羅

田島 夕衣里

木村 帆乃風

桑原 満帆

橋本 朝子

辻 菜乃香

横田 希歩

渡邉 美咲

井上 七海

日野 星花

渡邊 琉衣

下屋 亜矢佳

永峰 幸奈

舟久保 朱音

堀川 夢

田中 美帆

竹垣 果奈